FC2ブログ
             ワンコ服 ミシン刺繍 吊るし雛
 あれから・・
2021年06月16日 (水) | 編集 |
心に染みるコメントを頂きありがとうございました。
あの子の頑張りを褒めてくださっこと
本当に嬉しく思いました。
重ねてお礼申し上げます。

飼い主ならば必ず通る道と
覚悟はしていたつもりですが
突然逝かれてしまうと混乱し
現実として受け入れ難いものでした。

あれから・・四十九日もすぎ
身体と時間は楽になりましたが
気持ちがポッカリ穴が開いてしまった

DSCN1001.jpg
       17年の幸せ15冊

パソコンに入れたままの写真を
成長を追いながらプリントしました。
1枚1枚が精一杯に生きた証
どれも愛おしくて恋しくて
写真をそっと撫でてみたり
笑ったり泣いてみたりと
作業はなかなか進みません。

アルバムの中は誰もが笑顔で 
いつも友達ワンコに囲まれ
あの子の楽しそうな様子が
最期の日まで残されていました。

ともに過ごした17年6ヶ月
楽しくて幸せな日々をもらいました。
これからもずっと一緒です。 


スポンサーサイト




 17才6ヶ月
2021年04月21日 (水) | 編集 |
家ワン が亡くなりました

悪性腫瘍メラノーマ診断から9ヶ月
心臓病で高齢、腫瘍持ちながら
一生懸命に生きていました。
本当によく頑張りました。
褒めてやりたいと思います。

亡くなる3日前に今年2度目の検査
とくに問題はなくホッとしておりました。
当日の朝も歩行器でトコトコと歩き
いつも通りの日常を過ごしていました。

夜、リビングでいつものように
横で寝ていたのですが
起き上がろうとしたのでトイレかと思い
抱き上げると様子がおかしい

すぐさま蘇生を試みましたが
静かに逝ってしまいました

老いの坂道をゆっくりと下るにつれ
ちっぽけな覚悟を重ねてきましたが
突然今日だなんて・・

首輪

翌朝、親友シュナ君に連絡するのがやっとでしたが
散歩仲間が次々にお別れに来てくださったり
近所の小学生達もやって来ました
みんなに優しくされて幸せもんだったと思います

img002.jpg
 生後2ヶ月💛印を背負って我が家にやって来た  

家の子になって17年と4ケ月は
過保護と言われながらも
いつも一緒で濃密な時間を
過ごしてきました

底知れぬ悲しさと寂しさが募りますが
最期まで寝込まず、苦しまず、穏やかに
看取る事が出来ホッとしています。

青空のもと犬母が眠る霊園から
お花に囲まれお空に帰りました 

応援してくださいましてありがとうございました


追記
メラノーマはとても進行が早く性質の悪い腫瘍
平均余命は1ヶ月から3ヶ月と言われました
老いが先かガンが先かと戦々恐々の毎日でした
出来た場所が口角の皮膚側、小豆ほどの大きさでしたが
9ヶ月間あまり大きくならなかったのが幸いでした

昨年11月山口大学がメラノーマの抗体医薬を開発し
臨床試験が始まったとニュースで知りました
次世代には新薬が出来る事を切に願っています。




 おうち温灸と抗癌剤
2021年03月31日 (水) | 編集 |
昨夏、悪性腫瘍と診断され8ヶ月
幸いにも横這い状態が続き
17才なりの元気で踏ん張ってます

最近は獣医さんに習って
家で温灸を始めました

鉛筆より太いお線香のようなモグサを
ガスレンジで点火すると
中国4千年の歴史の重みか
なんとも言えない匂いと煙がでます

晴れた日はベランダで
タイムスイッチを横に置き
ベットに寝かせて片側づつ
習ったポイントに温灸を当てる

気持ち良さそうにしてるうち爆睡 💤
良いと思われることは試したい

温灸

しかし、この馴染みのない怪しい匂い
通報されないかしら

抗がん剤は分子標的薬とは言ってもやはり劇薬
食欲が落ち、吐いたりと元気がなくなる
これではますます病人ぽくなってしまう (-_-メ)

残された時間を体調不良のままで良いのか
さりとて・・転移も怖い・・迷いながらも
休薬を続けてみたら元気が戻りました

DSCN0989-3.jpg
     バージョンアップしたマイカー

命の終わりを見守りつづけるのは
ほんに辛い事ではありますが
ベッタリと濃密な時間に
愛しさと幸せを感じています


  ブログはお休みしております
  ご訪問や拍手、コメントをいただきありがとうございます



 手作りの歩行器
2021年01月20日 (水) | 編集 |
松もとっくに取れた今頃ですが
新しい年を 無事に越せました
年初めの血液検査も問題なし
でもガン持ちなんだよね。。。(´;ω;`)ウッ…

ヨタヨタと散歩してると
通りすがりの人達が
「頑張れ~」と声をかけてくださる

毎日通るお家の若いご主人
年末に思いがけなく歩行器を
作ってくださいました (@_@)
しかもワンちゃんの居ないお宅なのです

2,3日前「犬用の車椅子があるのよ」と
立話をしてたのですが・・
いきなり現物が出てきてビックリするやら
感激のあまりお礼の言葉が出てきません

「いつも一生懸命に歩こうとしている姿に感動した」と
おっしゃってくださいました。
の事をこんな風に思ってくださるなんて
もぅ〜涙が出そうになりました。

ネットで調べ、ご自宅にある端材と
スケボーの車輪と2つのキャスター
何度か調整をしてくださり、ほぼ完成
安定感がありよろけても大丈夫そう

後は、いかに装着させるかは私の仕事
最初に伸びない布で
足穴を開けお尻を乗せたが
開けた穴が変形して下に伸び
なかなか思惑通りにはならない

足穴
     足穴が横に広がり失敗で没

せっかく作ってくださったのだから
なんとしても活用したい 
考えあぐねていると夢にまで見てしまう
作っては失敗と試行錯誤を何度も繰り返し
辿り着いたのがホース
歩行器歩行器2
   仲間に見守られて走行テスト  ← ←胸の白ホースが邪魔になるので 
                   腹下から歩行器、背中に渡すベルトに改良 

仲良しワンコやご近所さんに
優しくしてもらって 幸せ者です
サポートを全集中で頑張ります 

  更新はお休みしておりますが
  ご訪問、拍手、コメントありがとうございます 



 ガンと共に
2020年12月09日 (水) | 編集 |
相変わらずベッタリ濃密に
今まで通りの日常を穏やかに過ごせています。

悪性腫瘍の診断から5ヶ月程経過しました。
腫瘍は気持ち大きくなったような気もしますが
今のところ問題なく、転移もありません。
とは言っても17才
年なりの衰えは否めませんが元気です

一時は副作用で食欲が落ちてしまい
投薬そのものに迷いが出ましたが
様子を見ながら休薬をはさみ体調を整え
投薬を再開することにしたら
ずいぶん気持ちが楽になりました

鬼滅1
      ガンと戦う
鬼滅2

家では自由に動いています
若い頃のような悪戯はしませんが
トイレに行こうとして
途中間に合わなかったり
踏ん張りが効かず排便時に体を支えたり
一日分の食事を3回に分けたりで
なかなかミシンや針と仲良く出来ず
どうにかやっと仕上げました

弱っちくなった 
手間はかかるようになったけど
たまらなく愛しいのです

  更新はお休みしておりますが
  ご訪問、拍手、コメントありがとうございます