ワンコ服 ミシン刺繍 吊るし雛
 うさぎのペンケース
2017年08月16日 (水) | 編集 |
近頃は縦型のペンケースが流行とか
ペン立てのようで取り出しやすそう 

これは昔ながらの横型ペンケース
メガネを入れたりもする。 

DSCN1010.jpgDSCN1009.jpg


大きからず小さすぎずの布を探し
丁度良いファスナーを引っ張り出す 
リボンもビーズも在庫で賄う
ある物で在庫を減らさなくっちゃ

130529_181219.jpg

いつもミシンでジャジャーと
せわしなくやってるせいか
手縫いは疲れるが 
穏やかな優しい時間が持てる。

    上段  表裏とも綿 キルト芯
     下段  表裏とも正絹 (着物地) キルト芯
     顔、腕に綿 ビーズ サテンリボン レース


スポンサーサイト

 ワンと反発マット
2017年08月09日 (水) | 編集 |
寝付きも良く、よく寝る 
腰も大丈夫だが
割引に弱く、つい買ってしまった
スポーツ選手のCMの反発マット 

このマットの取説
「折り畳まない、丸めて収納」

ベットの方はそのままでよいのだが
布団の方、丸めて押入れにしまうと
ビロ~ンと伸びる  

なので、パッチンバックルを
ゴムに縫い付けマットバンドを作った。
クルクルと転がしパチンと止める 

DSCN0986.jpgDSCN0994.jpg
            巨大ロールケーキみたい

このマット誰よりも気に入ったのが
よほど寝心地が良かったのか
新し物好きなのか
態度もデカく当たり前に占領する

DSCN1000.jpg
      近づいても起きない 

微動だもせず爆睡 
息をしてるかと心配になる・・・

白髪は増えたが、そりゃお互いさま
快眠快食、出すものは出す。
元気でいてくれることが何より。  

しょうがない。。貸してあげよう
しっかり眠って、また遊ぼうね。 



 ソーラーライトのミニ灯篭
2017年08月02日 (水) | 編集 |
高さ25㎝ほどの陶器のミニ灯篭
中にロウソクが入る 
いただいた時、試しに灯したが 
火の用心で灯すことなく片隅に

DSCN0971.jpgDSCN0972.jpg


100均でソーラーガーデンライトを見つけた
頭を外して中に入れれば灯りがつくじゃん 

良いアイデアと思ったが 
外した頭が入らない・・
ヤル気の無さも手伝って再び片隅に

そんなことも忘れた頃、
お邪魔したブログで
本物の灯篭にソーラーライト!  

お調子者はすぐ真似したくなる。ヤル気復活  

アチラは本格的に設置だが
コチラは工具がない、リード線もない、知恵もない
あるのはキッチン鋏とドライバー 

失敗してもいいじゃない100円だものと
取りあえず頭を外し、ネジも外す
ちまちまとソーラーパネルを切り取る  

DSCN0969.jpgDSCN0968.jpgDSCN0984.jpg
   頭を外す   → 前回ネジまでは外した  今回の仕事

線が短いので入り口に立てかけた

DSCN0964.jpg

これでどうだ!
久しぶりに灯った  

DSCN0975.jpg

皆さんのブログにお邪魔して
お勉強させていただいてます。



 Wガーゼで
2017年07月27日 (木) | 編集 |
マイブームがフレアー 
スカートでなく生地が足りなくて 
チュニックになりそこねたブラウス? 

以前チャリティバザー用に作った応用編
袖ぐりを少し広げ大きくした。
珍しく自分用、生地の在庫整理。

DSCN0919.jpg

ユルユルとして
風が通り抜ける 
鯉のぼりになったみたい 

    Wガーゼ 綿
     ポケット口は裏面 位置が高すぎた  
     後ろ 短冊開き
     


 陶芸と彼女
2017年07月20日 (木) | 編集 |
最初で、たぶん最後の陶芸
当時、彼女は陶芸教室に通っていた。
何度も誘われたが興味が持てず断っていた。

ある日、彼女は土をもって来る。
「やらず嫌いよ、きっとハマるから」

急に何かを作れと言われても・・ 
粘土(土)なんて小学生以来だし
お茶椀は難しそうだし・・
何を作ろうかと土をコネコネ

今なら迷うことなく だが
そのころヤツは生まれてなかった。

馬が好きなので  
思い出しながらコネコネ
ふふっ・・結構楽しいじゃない・・

「どう面白いでしょう? そいじゃ焼いておくから」と
大事に持って行った。

後日、焼きあがったお馬さんを持って来た。
「最初に馬なんか作るからびっくりした」と笑いながら
「どう?やってみない?」に、即答で断る。
まったく愛想もない(^_^;)

DSCN0926.jpgDSCN0927.jpg
  お馬に失礼な不細工さ    今見るとFC2 マークみたい  


しばらくして彼女は転勤で遠くに行った。  
何年かやり取りがあったが   
ご家族の年賀欠礼の葉書を期に途絶えてしまった。

あの頃パソコンも携帯も無縁の彼女 
このお馬さんを見ると思いだす
どうしてるかな・・